茶師十段の紹介

1956年から年に1回開催される
「全国茶審査技術競技大会」の結果をもとに
授与される称号。

約60年の歴史の中で
13人のみに授与された最高段位が
「茶師十段」である

茶師十段

小林 裕(こばやし ひろし)

1975年、京都府生まれ。

祥玉園製茶5代目当主。

平成23年、全国茶審査競技大会において、最高位の十段を取得。

現在は茶の仕入れ合組を統括し、緑茶商品の監修なども手掛けている。

ページトップへ